Building Diagnostics業界有数の実績を誇る建物診断・漏水調査

高性能サーモグラフィー建物診断INTRODUCTION

高性能サーモグラフィーカメラでの建物診断

誠真工業(以下当社)は、サーモグラフィーカメラによる建物診断・漏水調査の有資格者である専門スタッフ(サーモグラフィ診断士)による高性能かつ安全・効率的な建物診断において業界有数の実績を自負しております。

このサーモグラフィー診断は、タイルの剥離や、浮部、建物内部の漏水の状況をデータ化・分析することによって、早い段階での建物メンテナンスを行なうことが可能になり、建物自体の長寿命化はもちろんのこと、将来のコストダウンに繋がります。

そして、同業他社では有資格者の建物診断は高額であることが通常ですが、当社では安価で行なっておりますので、コスト負担なく建物の現状を知るきっかけとなりますので、是非ご相談いただければと思います。

高性能サーモグラフィー建物診断の特長

サーモグラフィによる
診断のメリット

非接触で計測することができるので、安全かつ効率的な調査診断を行うことが出来ます。また計測したデータは熱画像として処理されますので、より見やすく、わかりやすいデータを提示することが出来ます。

サーモグラフィによる
外壁調査の概要

外壁の剥離部分では、駆体部分と仕上げ材(タイルやモルタルなど)とのコンテンツローカル界面に隙間が生じ、空気による断熱部分が形成されます。このため、日射などの影響により、温度が変化すると、健全部と剥離部の間の熱伝導の違いにより、外壁の表面部分に温度差が生じてきます。この温度差を赤外線サーモグラフィにより測定することで、異状部分を見つけることが可能となります。

サーモグラフィによる
調査診断の適用範囲

タイルやモルタルなどの外壁仕上げ材の劣化調査診断やコンクリートの劣化調査診断を始め、建築物の断熱欠損の調査や漏水調査、防水層劣化調査など様々な分野で活用されています。

サーモグラフィー(赤外線カメラ)建物診断例SHOW CASE

漏水の調査例1

タイル剥離・浮き部調査の例

漏水の調査例2

タイル剥離・浮き部調査の例

漏水の調査例3

タイル剥離・浮き部調査の例

タイル浮きの調査例1

漏水調査の例

タイル浮きの調査例2

漏水調査の例

タイル浮きの調査例3

漏水調査の例

漏水のメカニズム – どこが原因なのか?KNOWLEDGE

漏水の考え方

一般的に室内の天井・壁面で漏水が起きた場合、近くの建具廻りや直上の屋上が漏水要因と考えがちです。
しかし、実際の漏水例では漏水出口からかなり離れた部分から水が侵入していることも多いのです。
すなわち、建物の構造を理解することが重要なのです。

漏水調査前の
事前準備

1.設計図書の確認
建物の規模、構造立地条件、防水層のおさまり、サッシなど開口部の納まりがどうなっているかの確認が必要です。
2.漏水発生の時期
いつから?どこから?どんな時に?他の工事を行ったなどの情報が必要です。
3.降雨や風向きとの関連
風雨などの向きや強さに応じた漏水の場合の情報が必要です。
4.結露発生要因の有無
漏水出口周辺の使用状況なども調べる必要があります。

★漏水要因の
究明部所

漏水の要因になりやすい部位
①屋上笠木廻り / ②防水層の端末 / ③電気、給排水など設備配管貫通部 / ④外壁のひび割れ
⑤シーリング材の破断部
漏水が発生した場合、上記の部位の確認がまず必要になります。しかしその部位にも問題がなくても漏水をしている場合は漏水状況(風雨)と同じような状態(高圧散水試験)などを行い漏水要因の究明が必要となってまいります。

建物調査方法METHOD

目視

調査方法

打診

調査方法

赤外線カメラ診断

調査方法

塗膜引張り試験

調査方法

中性化試験

調査方法

散水試験

調査方法

建物調査報告書の提出REPORT DOCUMENT

建物調査報告書

高性能サーモグラフィーカメラでの建物診断の結果は、有資格者の専門スタッフがデータ分析を行ない、明確な建物調査報告書を作成しご提出させていただきます。この報告書をご確認いただくことで、建物の劣化度がわかり、修繕工事時期の目安にもお役立ていただけます。尚、当社は一般社団法人全国住宅外壁診断士協会に加盟しておりますのでご安心しておまかせ下さい。